品種 : ダンビ/サムボクミツスイカ

産地 : 咸安/昌原

栽培面積 : 50ha

収穫期間 : 3 ~6

日本輸出実績 : 2002年57ton, 2003年13ton

選別場 : 格産地選別場


産地特徴


 多い日照量、良い土質の条件でスイカ栽培に適合

 年作障害防止のために、十分な休耕期間を維持

 包装の時、甘みが12度以上の商品だけを厳粛してから出荷

 韓国で一番有名なスイカの産地

 日程別出荷管理システムで週間別安定供給可能

栽培管理

 <栽培力>

   定植:1月上旬

   収穫:4月中旬

 <農薬管理>

   消費者に安全な商品を供給するため、果実かできたあとは農薬を使わなく

   安全性確保に最善を尽す。


輸出規格
2pcs / Carton Box
サイズ
4L
3L
2L
L
M
S
重さ個
9kg
8kg
7kg
6kg
5kg
4kg

備考

4月(L.Mサイズ中心),5月(2L,Lサイズ中心)

  供給可能時期





3月~6月(一般産地)

7月~9月(露地)

10月~12月(ハウス栽培)
  栽培品種

ダンビ以外(韓国品種:丸形系)

デボクミツスイカ(韓国品種:楕円形系) 

成分と効能


水分91%,蛋白質0.7%,糖質7.9%,ビタミンA,Cが多く、カリウムも含有

スイカの糖分は果糖で気温が低ければ低いほど甘みが増加

90%が水分利尿作用と関係あるアミノ酸の一種の  が多く、種には蛋白質と脂肪が多い

citrullineの作用により解熱,解毒及び日射病に効果的

民間療法によるとふくみに効果的

腎臓病に効果的

水分が円滑に体の外に排出されながら老廃物もともに俳出され新陳代謝に効果的